人気ブログランキング |

松柏堂 水無月 雨音 落とし文

f0082141_2318052.jpg

この水無月。なんとなく地味でお店で見かけても買ったことがなかったけど
今年は楽しみで食べています。
6月30日の<夏越えの祓え>に(私の実家では<わくぐりさん>と言います)
食べて、厄を逃れて暑気払いするというもの。
外郎の上に小豆がのっているのは、小豆は邪気を祓う魔よけの力があるとか
三角も魔よけの意味があるらしい。またこの白い外郎の三角は氷を模していて
暑い中で、お菓子では涼やかさを表現しているなんて・・・いいですねぇ。
今月の二日、チビの誕生餅を月ヶ瀬に受け取りに行ったときに
すでに店頭に並んでいて食べました。
外郎って子供のころはちっともおいしいと思わなかったのに不思議です。
おいしいの。
松柏堂さんではこの白いのと抹茶のものもありました。
水無月=白だと思って、せっかく出してもらったけど買わなかったんだけど
抹茶好きの息子にはこっちにすればよかったなぁ。

f0082141_2331367.jpg

生菓子も。
これは、<雨音>
きれいな水色と白に雨粒を模してある錦玉。
中はつぶあん。
私、こういうきんとんものが好きです。
いつか作ってみたい。。。
そぼろ通しさえあればできるのかな。

f0082141_23353828.jpg

こちらは、<落とし文(ぶみ)>
おとしぶみってどういう意味??
ある和菓子屋さんからコピーさせていただきました↓

 オトシブミという不思議な名前は、卵を産み付ける葉の形が、「落し文」の形に似ているという所から付きました。昔、恋文や密告など、直接手渡すのがはばかられるような手紙を、わざと人が気付くように落としておいたそうです。これを「落し文」といいました。当時の手紙は巻紙に書かれていたので、似たような形だったのでしょう。それで、これをホトトギスが一声鳴いた後、落としていったと考えた古人は、「ホトトギスの落し文」などと呼びました。

すごーくふかーい!!
そんな意味があるなんてステキ・・・@o@
ますます気になってしまいます。

お菓子の名前、とってもステキなのにすぐに忘れてしまいそう。。。
ってお店の方と話していたら、メモに書いて袋に入れてくださいました。
ありがたいです~ 最近どんどん忘れっぽくなっています。






先日たまたま見ていた、日めくり万葉集での歌
「廬原(いほはら)の 清見の崎の三保の浦のゆたけき見つつ 物思ひもなし」田口益人
群馬の国司に任命された田口益人が興津辺りで駿河湾の雄大さに癒されたという歌。
都落ちと言ったら失礼だけど、いろんな思いで任地に向かっている中で
開かれたような海を見てぱーっと気持ちが晴れ渡るような気持ちになれたのかなぁ。
確かにカーブの後海がばーんと見えます。
それが当たり前でなんとも思ったことがなかった私。
歌が読まれた場所が地元だというのがなんだかとってもうれしかったのでした。
選者は政治学者の原武史さん。大の鉄道ファンとしても知られているそうです。
東海道線は昔の東海道に沿っているところが多いらしいのですね。
由比、興津辺りは海沿いで気持ちがいいんですよ。
私も久しぶりに東海道線に乗って沼津へ行ってみたくなりました。
(母の実家が沼津で毎年夏には行っていて、懐かしいところなのです)

*この歌は6月14に放送されていました
by jalenques | 2011-06-30 00:32 | お菓子をどうぞ


すきなこと すきなもの すきなひと    J'adore ジャドール     Jalenques ジャロンクです


by Jalenques

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧