人気ブログランキング |

久しぶりの再会は


高校時代の仲良し5人組と松坂屋で待ち合わせ。
待ち合わせの時間5分前に行くと
「お~い。」と呼ぶ声。すでにK子とA子は来ていた。
K子と会うのはMちゃんの結婚式以来だから・・・・もう何年だろう。
みんな近くに住んでいてもなかなか会うこともなく年賀状のお付き合いになって久しい。
でも会えばすぐに時間が戻るんだ。
Mちゃんも到着。
上に上がってベビー用品売り場で新生児のプレゼントを選ぶ。
何がいいかな。
子供がいる私たちも新生児のものを見るのは久しぶりで懐かしく何でもかわいらしい。
性別を聞いていなかったのでどちらでも使えるもの。
いろいろ見て回ってA子が気に入ったバスローブに決定。
おそろいのスタイや歯固め。
店員さんから「4点なので何かもう1つ選んでいただいたほうが・・・」
あわててもう1つスタイを選ぶ。
店員さん、気が付いてくれてありがとう。
その後お菓子を選んでからお家へ向かう。




初めてお邪魔するお宅では、Sちゃんのご主人が迎えてくれた。
私たちは少し緊張しながら上がらせてもらい、通された部屋には
ウエディングドレス姿のSちゃんの写真が飾られていた。
彼女は結婚式を挙げていなかったので私たちはその姿を初めて見て
とてもとてもきれいだなと思った。(親族での食事会のときの写真だったらしい)
その隣には彼女の遺骨がそのまま置いてあった。
「何しろ急なことだったのでお墓がまだ決まっていなくてね。」

話を伺っているとご主人のお母様が赤ちゃんを抱いてきてくれて
色白のかわいらしい赤ちゃんと会うことができた。
赤ちゃんは生まれた翌日にお母さんがなくなってしまったことなど
まだ知ることはなく、すやすやとよく眠っていた。

妊婦の期間もなにも問題なく、分娩室に入ってから40分ととても安産だったらしい。
「出産した後は僕も彼女のお母さんも一緒にいてね。
お友達にメールしたりもしていたんだ。
僕たちが帰った後、夜になって頭が痛いと言っていたらしいのだけど
翌朝8時に『お話したいことがあるのですぐに来てください』と
電話があったときにはすでに亡くなっていたんだ。」

淡々と話をしてくださるご主人もこの2ヶ月でいろんな思いをされたんだろうと思うし
Sちゃんのお母さんもきっと同じだろうし、急に赤ちゃんの面倒を見ることになった
ご主人の実家のご家族も大変だろう。
でもこんなかわいらしい赤ちゃんを出産の時しか抱けず成長を見ることが
できなかったSちゃんはどんなに無念だっただろう・・・・

「今、高齢出産時にこんな風にお母さんが亡くなるケースが
全国で33人あるらしいんです。
テレビ局の人が取材したいというので協力することになったんですが・・・」

私たちは赤ちゃんを抱かせてもらいながら涙がこぼれてきた。
あぁSちゃん。どうしてこんなことに。。。

「赤ん坊にとったらお母さんがいないことは本当にかわいそうだと思う。
僕が代わることができたら・・・」と何度も言われて本当に切なくなった。

ご主人は現在東京に赴任中で、
赤ちゃんは4月から近くの保育園に入ることになっているらしい。
これから時々でも赤ちゃんに会えるといいな。

お宅に行く途中と帰りにもっとみんなで会っていればよかったとか、
自分たちのこのごろの話をいろいろした。
みんなそれぞれの生活があっていろんな問題を抱えていた。
これからはもう少し会う機会を増やそうねと言って別れた。


私はまだSちゃんが亡くなってしまったことが現実のことなのか
わからないくらいなんだけど・・・
今嫌なことがいっぱいあって逃げだしたいと思うこともいっぱいあるけど
私は生きている。生きている間は精一杯がんばって生きなくちゃ。
今夜はSちゃんのことを思い出しながら過ごします。
by jalenques | 2009-02-01 19:08


すきなこと すきなもの すきなひと    J'adore ジャドール     Jalenques ジャロンクです


by Jalenques

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧